レイキとは

レイキとは

レイキとは

■ レイキとは

こんにちは。

レイキってなに?

「最近よく聞く言葉だけど、どういうものなんだろう」

「初めて聞く言葉だけど、何なんだろう」

という方のためにご説明させていただきます。

レイキとは一言でいうと、

宇宙のあちこちにあるエネルギーを借りて

元々人間に備わっている100%のポテンシャル(可能性)を思い出していくことです。

そして「レイキ」は世界中で最も実践者が多く
人気が高いとされている癒しのテクニック、自己成長の手法です。

 

どうしてそれほど人気が高いのかと言うと

『誰でもできる』
『カンタンにできる(修行・鍛錬がいらない)』
『効果が高い(その場で効果を実感しやすい)』

と、嘘のような夢のような驚くほどカンタンな手法だからなんです。

かくいう私も、半信半疑でレイキを始めてみたのですが

その場ですぐに感じ、レイキの持つ魅力にワクワクしながら

毎日の生活の中に取り入れていました。

■ レイキで何が変わるのか

レイキを日々の生活の中に氣軽に楽しく取り入れていくことで、いろいろな変化が訪れ心、体、精神のバランスの調和と、外見からも一層輝きを放っている自分に会えます。

疲れたらレイキを使ったり、イライラな気持ちの時に使ったりと

レイキを「安心のお守り」として活用している方もいらっしゃいます。
主な変化の例として

 

  • エネルギーに満ちて元気になる
  • 体がポカポカ温かくなる
  • 気持ちがワクワク、前向きで明るくなる
  • 自然治癒力が高まる
  • 痛みが緩和する
  • 心身の調和とバランス
  • 心・体・精神のホリスティックな癒しを得る
  • 深いリラクゼーションを得る
  • 空間が清浄になる
  • 食べ物の味がよくなる

 

 

など、たくさんの癒しが得られます。

私はレイキを学んだあと、自分と自然や宇宙との一体感を感じました^^

今生きていることに、「ありがとう」、と感謝できるようになりました。

■ レイキはどこから来たの

レイキの発祥は日本です。

臼井甕男先生(うすい みかお、1865年8月15日 – 1926年3月9日)が京都の山中(鞍馬山)で21日間の断食修行ののち、天からのエネルギーの啓示を受けました。

有名な話では

山から降りる途中で転んで足に大けがをしたあと、手を当てたらすぐに傷が治った。

途中で寄った食事どころの娘さんが歯痛で腫れて苦しんでいたところに手当てをしたら腫れががみるみる引いた。

などの話があります。

その後さまざまな経緯があり、レイキは海外に渡り、そして逆輸入という形で日本に入ってきました。

なんと現在では、アメリカ・ドイツ・イタリア・フランス・オーストラリア・カナダなど、世界中で推定500万にもの人がレイキを活用しているそうです。

イギリスにいたっては医療保険の適用にもなっているので、レイキの人気やその実力が容易にうかがえます。

元々は日本発祥のヒーリング手法ですのでこれを機にどんどん活用していきたいものです。

■ レイキを学ぶには

レイキは現在、4段階のカリキュラムになっています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

9 件のコメント